2019.06.23 Sunday 19:29

おたまがえる ぴょん

 

夜になると近所の田んぼからかえるの鳴き声がすごいです。

ちょっと前までおたまじゃくしがたくさん泳いでいたのですが、どうなったかな〜と田んぼをのぞくと、後ろ足の生えたおたまじゃくし、前足も生えて大分かえるっぽい「おたまがえる」、ほぼかえるだけど尾が少し残っている「おがえる(?)」が共存していました。おたまがえるをつかまえると、手からぴょーんと見事な跳躍で水に飛び込み、すいすいすい〜と泳いでいってしまいました。

やっぱり尾が長いうちは水の中が快適なんですね〜。

家の周りにもちらほら小さいかえるをみかけるようになりました。いよいよかえるシーズン到来です。楽しみ〜)^o^(


2019.06.08 Saturday 22:35

まいごのわんこ

 

朝ジョギングに行こうと思い、屈伸などしていたところ、家の前の道路からシャランシャランと不思議な音が聞こえてきました。

わが家はメインの道路(といっても細い道)より5mくらい高い段差の上にあるので、上から道路を覗き込むと小型の柴犬が鎖をひきずってトコトコ歩いていました。なーんだ、犬の散歩か〜、飼い主がリードを離して散歩させてるのかな?と思いましたが、そういえば鎖で散歩している人なんて見た事ない。坂道を駆け下りてみると、犬の後ろには誰もいませんでした。

 

犬に「もしもーし!」と呼びかけてみましたが、まったく反応しません。近づいても知らん顔で、鼻歌でも歌っているようなご機嫌な様子でとことこ歩いています。鎖のはじっこをつかむと「あれ、ちょっと進めないじゃない!なにすんの!」とびっくりした顔でやっと振り返りました。撫でようとすると、ビクッと警戒して睨まれましたが、そのまま撫でるとおとなしくなりました。「どこから来たの?」と聞いてもシーン、、、困ったな〜

 

そういえば近所に犬を飼っている人がいることを思いだし、その迷子犬と一緒にお宅を訪ねてこの犬見たことありませんか?と聞いたのですが、知らない犬だということでした。市役所に問い合わせたらいいよ、と連絡先の書いた紙をいただいて家に戻りました。その間、迷子犬は割と大人しくついてきました。

 

とにかく陽射しが夏のように強かったので、とりあえず水を飲むかい?と皿に水を入れてやったのですが、全然飲みません。よく見ると目は少し白みを帯びていて、大分老犬のようです。反応も鈍い。わたしのことは警戒しているようなのですが、撫でてやるともうちょっと撫でて欲しいそぶりをみせて近づいてくるのでした。

 

市役所に連絡すると後で引き取りに来るとのことで、それまでの時間家の外で犬と待っていることにしました。

しつこく水を勧めていたら、さすがに喉が渇いたようでちょっと飲みました。市役所からのお迎えが来るまで、迷子犬は最初に見たときのごきげんな顔とは違い、困った顔をしてうろうろしていました。わたしも困ったよ〜と思いながら犬と一緒にうろうろ。

 

1時間以上経ってお迎えの車がやってきました。軽トラの荷台に積んだ檻の中に担当の方が抱っこして入れたのですが、足をぴーんと伸ばして入りたくない!と怯えていたのが可哀想でした。早くおうちに帰れるといいね〜と思いながら見送りました。

 

その後迷子犬のことを検索すると、一定期間保護して見つからなかった場合は処分されることもあると知って、早く見つかって〜と祈るばかりでした。もしも見つからなかったら家で飼うという選択肢もあるだろうか、、、など頭の中は迷子犬のことでいっぱい。

 

次の日の朝、うれしいニュースが!市役所の方から電話があり、なんと飼い主の方から問い合わせがあり、無事に戻ることができたそうです!

よかった、本当によかった〜*(^o^)*

飼い主の方からも電話をいただき、朝みたらいなくなっていて、探してもみつからなくて、ということでした。わが家からは1キロ以上離れた場所にお住まいで、散歩では通らない道だそうです。ほっとされた様子が伝わってきて嬉しかったです。

 

このあたりで飼われている犬は柴犬率がとても高いです。ちょうど迷子犬が現れる前の日にも楽しげに柴犬を散歩させている子供たちを見かけて、夫にわたしも柴犬飼いたいよ〜と話していたところなので、まさか一時的とはいえ柴犬を預かることになるなんて本当にびっくりしました。

しかしわたしは昔から動物に夢中になりすぎる傾向があり、今犬を飼いだしたら他のことが何もできなくなるのは目に見えているので、犬を飼いたい願望は即却下されましたが、、、かわいかったな〜

 


2019.01.05 Saturday 22:14

今年のカレンダー

 

今年の壁掛けカレンダーは二つ。

薙野さんのステキカレンダーと、存在感大のお醤油やさんの日めくりカレンダー。

日めくりカレンダーの下の方に毎日ためになる言葉が書いてあります。ふむふむ。

 


2018.12.22 Saturday 15:04

カレンダーをしょって歩く

 

大泉でカフェを見学させていただいた後、高崎まで移動してまちををぶらぶら歩きました。

煙突のある、とても趣のある建物発見!と思ったら、日本一醤油で有名なお醤油屋さんでした。日本一醤油は、町田のマラソン大会で副賞でいただいたのがきっかけで知り、岡直三郎商店という会社の名前が印象的だったのでよく覚えていました。

吸い込まれるように入ってみると、お店の方がとても丁寧にいろいろ説明して下さいました。高崎のお店は岡醤油醸造という会社になり、開店は明治30年だそうです!看板商品は高崎店舗を開店した四代目 岡宗一郎氏の名前に因んだ「ヒキソーイチ醤油」で、日本一醤油も置いてありました。

 

小さいサイズの卵かけ醤油を購入して帰ろうとしたら、これよかったらどうぞと、立派な日めくりカレンダーをもらっちゃいました!

なんだかすごく運気のあがりそうな金文字が入ったカレンダー!小さいお醤油買っただけなのに、、、いいんですか!?ありがたく頂戴しました!

背中のザックには入らない大きさだったので、手に持って歩いていたのですが、結構な重さでだんだん手が痛くなってきました。。。

重いから持ってよ〜と、手ぶらの夫に持たせようとしたら、なんとわたしのザックの四隅のゴムにうまいことひっかけられ、カレンダーをしょって歩くことに、、、

最初は日めくり部分がパタパタするのが気になっていたのですが、そのうち背負っていることを忘れてしまい、古い商店街のお惣菜屋さんに入ったら、あらあらカレンダーしょってるね、と言われ恥ずかしくなりました(≧∇≦)

大都会の高崎駅前もこのスタイルで通り抜け、お醤油の宣伝をたくさんしましたよー。

 

 


2018.05.08 Tuesday 22:57

スギナ茶を作ってみました

4月の後半から家の周りの雑草がどんどん成長してきて、雑草と格闘しています草

手強いのはムラサキツユクサと葛とスギナ。根っこがすごい涙

そういえばスギナ茶が体に良いと言ってスギナを一生懸命採っていた人がいたな〜と思い出し、ネットで検索すると、体に良いことずくめらしい!ということで、せっかくなのでスギナを摘んでスギナ茶を作ってみました。

いざ摘んてみると、柔らかくてポキっと折れるものと、すごく頑丈で筋張っているものとあり、柔らかい方を選んでいたら結構時間がかかりました^^;

 

スギナ茶の作り方をいくつか調べてみて、適当に作ってみました。

1.よく洗う。

2.カラカラになるまで天日干し。天気の良い日に2日間干しました。(便利な干しカゴを使用、チャック付きなので虫も入ってこない)

3.カラカラのスギナを手でパキパキ折る。指に刺さらないように注意!硬いので痛い( ;  ; )

4.フライパンで極弱火でよく混ぜながら煎る。焦がさないように、、、すごい草の匂いがします。緑色を保ったままで終了。

5.お茶パックに適量入れる。

6.やかんに水1リットルとお茶パックを入れて沸騰してから7分程度煮出してできあがり。面倒なので水の状態からお茶パックを入れました。

 

 

味は、、、草っていう味でした汗

でもすごくまずいわけではないです。

お茶っぱは瓶に入れて保存してます。

たくさんスギナを摘みましたが、乾燥すると随分こぢんまりとしてしまい、思ったよりも少ない量になりました。

また来年、気が向いたら作ってみま〜すねこ

 

 


2018.02.16 Friday 20:48

山に囲まれている

 

引越しから10日経ちました。まだまだ落ち着かない毎日ですが、ダンボールも少しずつ減っていき、約3週間ぶりにジョギング再開しました。寒さと忙しさを言い訳に運動していなかったら、ちょっと走っただけですぐ息切れ、体が重くて全然進みません疲れた

家の近くの天竜川沿いを走ってみましたが、そこから見た景色はこんな感じです。「アルプスがふたつ映えるまち」というのが駒ヶ根市のキャッチフレーズのようですが、ぐるっと見渡すとなんと360度山に囲まれていました!本当にここは谷なんだな〜と実感しました。春になったら景色がきれいだと思うのですが、雪山を見ると寒さ倍増です!


2017.06.15 Thursday 22:27

ふわふわのコゲラの雛

早朝に大山に登ってきました。大山登山マラソンで表参道を通って下社までは行ったことがあるのですが、今回は初めて日向薬師の登山口から見晴台を経て山頂に行くコースにトライしました。

登山口を確認してさあ登ろう!と思った時に、近くの木からグレーの小さいふわふわしたものがファサッ・・・と落ちてきました。

なんだ?と思って落ちたあたりを見ると、薄いグレーのふわふわの毛のかたまりがなんか動いてる!よく見ると見覚えのあるこげ茶に白斑点の羽がバタバタ。

「あっ!コゲラ!」

思わず叫んでしまいました。コゲラの雛でした。薄いグレーはお腹の部分でした。

木から落ちて慌てたコゲラの雛は道路の方へバタバタしながら進んでいきます。とっさに捕まえると、やっぱりふわふわでした。

初めてコゲラの雛を触ってしまったびっくりびっくり

コゲラは後頭部の毛がちょっと寝癖みたいになっていて、顔もちょっと眠たそうで、そこがチャームポイント(と思っています)で大好きな野鳥です。

落ちてきた木に戻そうとしましたが、ちょうど手の届く範囲に安定した場所がなかったので、とりあえず草むらにそっと放してみました。すると、そばに50cmくらいの短い木が生えていたのですが、さすがコゲラ!とことことよじ登り、といっても地上から10cmに満たない高さでしたが、キツツキらしく木にとまりました。そして

「わたし小さいけどコゲラなんだから!」

と言いたそうな顔でこちらをじっと見るではないですか!か、かわいい〜〜〜きゃー

ああ、こんなときに携帯を車に置いてきてしまった、、、

記憶の中のコゲラちゃんはこんな感じです。

 

名残惜しいですが、時間がないので登山スタートです。

最初はあまり楽しくない見晴らしのない九十九折がずっと続きますが、でっかいお地蔵さんがデーン!と出てきて右折してから少し行くと楽しい道になります。特に見晴台の手前の、足元に草むら、周りに広葉樹の明るい道が気に入りました。

こんな感じの道でした。こんなに草はワサワサしてなかったかも、、、

登山道はとても整備されていて、危ないところもなく、登りやすかったです。

しかし、階段状になっているところがとても多いので、腿は疲れます汗

一応走って登るつもりでしたが、結構歩いてしまい、残念ながら時間切れになって山頂まではたどりつけず。残り数百メートルで急いで引き返しました。下りでガサゴソっと音がしてふと見るとリスがいましたりす

登山口に戻ってきたときにはスタートしてから1時間半くらい経っていましたが、やっぱりもうそこにコゲラの雛はいませんでした。

ホッとしたようなちょっと寂しいような。きっと無事に巣に帰れたことでしょうにこにこ

 

平日の早朝だったこともあり、すれ違った人は4人くらいでした。とっても気持ちのよい山でした。

次回はもう少し早い時刻にスタートして山頂まで行ってみたいです☆彡


2017.06.08 Thursday 22:09

チビガエルの正体

6月6日はカエルの日でしたかえる

1週間前の5月31日、驚きの小ささのチビガエルを発見してしまいました。

親指にくっつくチビガエルの図です。

 

 

家の近所に道保川公園という小川の流れる素敵な公園があるのですが、公園の奥の池にしばらく大量(その数1万匹以上!?)の小さいおたまじゃくしがいたのです。おやまじゃくしどうしてるかな〜、と時々見に行っていました。

数日前に後ろ足の生えたおたまじゃくしを発見したので、前足生えたかな?と思って見に行くと、あんなに大量にいたおたまじゃくしが一匹もいない!!!どういうこと???

一生懸命池の中を覗き込んでいたのですが、全然みつからないので諦めて帰ろうかと思ったその時、、、ふと足元をみると、なにかが動く気配を感じました。

え、え、ええええ〜〜〜〜〜!!!黒い小さいバッタみたいなのが一方向に大量に動いている〜〜〜〜〜!!!

ぎょえ〜〜〜ぎゃーあまりの衝撃にその場に固まってしまいました。

恐る恐るもう一度見ると、それはなんと極小カエルの大群でしたびっくり

こんなに小さいカエル見たことありません。

踏まないように注意しながら(すでに踏んでいたと思う、、、チーン)観察してみると、かわいい!

小さいけれどジャンプ力はなかなか。さすがカエル!

やっとの思いで一匹捕まえたと思ったらピョーンとすぐに跳んでいってしまいました。大きさは胴体だけなら5mmもないくらいです。

いや〜、すごいの見ちゃった。

走って家に帰ってカエルの種類をネットで調べてみました。

なななんと!あのカエルの大群はヒキガエルの幼体でした!!!秋には6cmくらいまで成長するのだとか。

がーん、がーん!アマガエルよりも小さく生まれて、そして巨大になっていくとは、、、

しかもヒキガエルには耳のあたりに強力な毒があるそうですがーん

赤ちゃんガエルにはたいして毒はないと思いますが、慌てて石鹸で手を洗いました汗

 

今日また気になって池の周りを探してみたところ、もういないかと思ったら数匹発見しました!

心なしか1週間前より大きくなっていました。。。


2017.04.19 Wednesday 22:23

パンと紅茶づくし

15日のパン持ち寄り交流パーティーは、さすがパン好きの方々の集まりで、美味しいパンとコンテナートさんの美味しい紅茶づくしでした!

わたしは切手の原画にもなっているBoule Beurre BOULANGERIEさんのバゲットとあんココを持って行きました。写真の右端の輪切りなっているのがバゲット、中央があんココです。あんココはブリオッシュ生地という意外性と、あんこにココナッツというのが新鮮!という驚きの感想とともに人気で、わたしもそこなんですよ!とうれしくなりましたにこにこ

斜め切りのバゲットはなかはしさんご持参のLe Grenier a Painのものです。こちらはクラムがとてもきめ細かくてもちもちで、みなさんどちらも美味しい!となり、食べ比べが楽しかったです。まるやまさんがLe Grenier a Painの恵比寿店のモーニングを絶賛されていたので、とても行きたくなりました。

 

秋山さんはルヴァンのパンと燻製バターや発酵バター、おいしいパテやジャムまでご用意してくださり、このパンにはこれをつけたらよいとか、教わりながら試してみたり、とっても楽しかったです。

 

こんなかわいらしいパンも!白いクリームは生クリーム?と思いきやなんとマスカルポーネチーズ!あんこととってもマッチしていました。

 

食べるのに夢中で、写真を撮り忘れてしまったパンもあるのですが、どれも初めて食べるパンばかりでした。メロンパンベーグルなんておもしろいパンもありました!

そしてコンテナートさんの石田さんが淹れてくださったアイスティーが本当に美味しくて、新しい種類を飲むたびに感動していました。特にゴールデンダージリンは後味まで素晴らしく、余韻を楽しめました。

わたしは翌日早朝から用事があったのでお先に失礼してしまったのですが、思い返してみれば一度にこんなにパンと紅茶を味わったのは人生初かもしれません。パンと紅茶のパラダイス!本当に美味しかったな〜!

切手展が始まってから初めてお店に行ったので、展示もじっくり観るつもりで行ったのですが、すっかり忘れて目の前のパンと紅茶に夢中になっていました(^^;;

なので、パンの写真しかありません。。。

それにしてもパンパーティーに参加されていたみなさんのパンやさんの知識に圧倒されました。勉強になりました!

一応パンシェルジュなので(2級ですが)もっと勉強しなければきゃー


2017.04.11 Tuesday 08:42

真央ちゃんありがとう

ネットで浅田真央ちゃんの引退のニュースを知って衝撃を受けましたびっくり

わたしは特にフィギュアスケートファンではありませんが、真央ちゃんには特別魅きつけられるものがありました。本当にたくさんの人に愛されていた選手だったと思います。

ソチ五輪のフリーの素晴らしい演技の後、肩を震わせて涙をこらえた後にパッと顔を上げて笑顔になったシーン、忘れられません。笑顔に宝石のような涙が光っていました。

新聞の切り抜きなんて滅多にしないのですが、そのときの新聞は切り抜いてしばらく冷蔵庫に貼っていました。引っ越した今も大切にとってあります。久しぶりにその切り抜きを出してみたら、また涙が出ちゃいました号泣

真央ちゃん、いっぱい楽しませてくれてありがとう〜、本当におつかれさまでした花束

 


<<new | 1 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.